人生一度つまづいたけど、やっぱりギャグが好き【Yes!アキト(前編)】

「ダ~ブルパチンコ!」最近、テレビでよく聞く謎の叫び声。声の主は、ウケるまで延々とギャグを出し続けるピン芸人『Yes!アキト』。彼がどんな少年時代を送り、どのようにしてテレビに出るようになったのか。Yes!アキトに……、コーヒーブレイク・インタビュー!


Yes!アキト
出身地 北海道
生年月日 1990年6月11日
血液型 A型
サイズ 身長163cm/体重82kg/B96cm W99cm H102cm/靴26cm
趣味 でんぱ組.inc
特技 映像編集
その他 札幌市立大学卒業
(出典:サンミュージック公式HP

今日のアキトが全部ではない

アキト:まず先にちょっといいですか?

――なんでしょう?

アキト:今までのインタビューを、あとで自分で見返したら「なんでこんなん言ったんだろう?」みたいなことがけっこうあって……。「ギャグで世界を平和にしたい」って言っていたり。今は全然そんなことなかったりして(笑)。

――(笑)

アキト:これを見ている人は「今日の俺が全部だと思わないでくれ!」って伝えたいです。

――わかりました(笑)。

子どものころからギャグ作り

――どんな子どもだったんですか?

アキト:子どものころからお笑いは好きでした。特に『内村プロデュース(テレビ朝日)』が好きでしたね。

――なるほど。

アキト:そのなかに『笑わせ王決定戦』っていうコーナーがあって。美容室とかの設定のなかで、口にお茶を含んだ人を笑わせるっていうものなんですけど……。それをマネして、学校の水飲み場で友達に口に水を含んでもらって、オリジナルのギャグをやってました。

――Yes!アキトさんの原点がそこにあるんですね。

アキト:そうなんです。

――ちなみに覚えているものはありますか?

アキト:今でもやっているのありますよ。やっていいですか?

――お願いします。

(現場でギャグを披露していただきました。同じギャグの動画はこちら。01:20~)

――ありがとうございます(笑)。レベルが高い!

アキト:ありがとうございます。10年以上やってますね。当時はタイトルとか言ってなかったですけど。何年も磨きまくって、今の形に落ち着きました(笑)。

中学で芸人を目指す

アキト:それで芸人やってみたくて。中学のときに、札幌よしもとのオーディション受けたりしました。

――中学生で? 早い! NSCですか?

アキト:NSCではなく、ライブ出演のオーディションです。

――それは、水飲み場でやっていたギャグで?

アキト:いえ、クラスメイトとコンビで漫才を。

――コンビ名は?

アキト:『NOW ON SALE』と、あと『シュールズ』っていうのも……(笑)。

――シュールなネタだったんですか?

アキト:どうですかね? Wボケの漫才でした。結局、合格はできませんでしたが(笑)。

高校で大きなつまづき

――そして高校に進学します。Wikipediaによると、『高校在学中は、1年生を3回経験している』とあるのですが……。

アキト:ああ(笑)。Wikipediaはあんまり本当のこととか書いてなかったりするじゃないですか。

――そうですね。

アキト:これは本当です。

――(笑)

アキト:高校1年を3回やらせてもらってて……。めちゃくちゃ引きこもってたんです。

――そうなんですね。

アキト:それまで成績はよかったんです。中学では学年1位取ったりして。札幌市内でも有数の進学校に入りました。

――ギャグをやったり、よしもとを受けていたりしたうえに、成績も良かった!

アキト:神童でしたね(笑)。でも、高校は自分が思っているよりもすごい世界で。周りが自分より上の人ばかりで、授業も厳しくてついていけなくて。ちょっと僕はそれで……。No!アキトになっちゃいました。

――学校に行かなくなってしまったんですね。

アキト:1年生の後半くらいからですね……。親には「来年こそちゃんと行くから」って言って、次の年も1年生からやり直したんですけど。また半年経ったくらいから「ごめん。やっぱり無理だ」ってなって。また次の年も同じことを繰り返して……。

――親御さんもかなり心配されたんじゃないですか?

アキト:親が本当に見捨てずにやってくれて、感謝ですね。でも、僕が原因で両親が喧嘩してしまったりもあって……。それはツラかったです。

――1年生を3回やったあとはどうなるんですか?

アキト:3回目の1年生で、半年経ってやっぱり行かなくなっちゃったときに、通信制高校に編入します。

――次の選択肢があってよかったです。

アキト:めっちゃボケてるみたいな名前の高校でアレなんですけど……。

――?

アキト:『私立ルネサンス高校』っていうところに。

――奇しくもサンミュージックの先輩、『髭男爵』さんのギャグと同じ名前(笑)。

アキト:そうなんです。でもこれマジなんです。調べたらちゃんと出てきますから(笑)。

――そこはちゃんと卒業したんですか?

アキト:はい。順調に2年生、3年生と進級して、卒業しました。

高校生路上ギャガー

アキト:そのころ……。通信制高校に通いながら、またギャグをやるようになりまして。

――引きこもり生活とは対極にある感じがしますが。

アキト:引きこもってたんで、バイトとかしづらかったんです。でもお金は欲しい、ってなったときに「路上で1発ギャグを見せてお金を稼ごう」っていう発想に至りました。

――すごい発想(笑)!

アキト:何か衝動はあったんです。今考えたらよくそんな度胸あったなって思いますけど。1ギャグ50円でやってましたね。

――当時のクラスメイトに目撃などされませんでしたか?

アキト:そういう人がいない場所を狙って。

――今でこそ都内で、ごく稀に路上ギャガーを見かけますが……。

アキト:いますね。原宿とか渋谷に。当時、北海道で他にそんなヤツはいなかったですね。寒いし(笑)。

そして無事大学へ進学

アキト:みんなより2年遅くなりましたが、高校卒業して、札幌の大学に入りました。

――大学では何を学んでいたんですか?

アキト:メディアデザインコースっていう学科で、映像を学んでました。CM作る人になりたいなって思ってて。

――芸人ではなかったんですね。

アキト:はい。広告代理店とか行くのかなってぼんやり思いながら……。

――CMはキャッチーでないといけないので、1発ギャグにも通ずるところもあるかもしれませんね。

アキト:そうですね。在学中には、大学生向けのCMコンペでアジア3位になったりしました。

――すごい!

アキト:そのときは、お笑いは「楽しいけど趣味だな」くらいの認識でしたね。

――そうなんですね。

アキト:今でも映像制作とかデザインとか好きです。YouTubeの動画や単独ライブのVTRも自分で編集してますし。あと、服とかカードとか、自分のグッズも。

――カード?

アキト:ギャグをトレーディングカードにして販売してます。これ、自分でデザインしてるんです。