関西からやってきた標準語の漫才師【ヤーレンズ(前編)】

都内でお笑いライブに通い始めると、必ず目にするコンビ名『ヤーレンズ』。関西出身の2人が、いかにして東京で活動するようになったのか。ヤーレンズに……、コーヒーブレイク・インタビュー!


ヤーレンズ
楢原 真樹(ナラハラ マサキ) 名前 出井 準之介(デイ ジュンノスケ)
1986年11月17日 生年月日 1987年3月2日
O型 血液型 B型
身長:179.9cm / 体重:62kg サイズ 身長:173cm / 体重:53kg
カラオケ 趣味 格闘技観戦、コーヒー、サザンオールスターズを聞くこと
ウイニングイレブン9 特技 美味しいコーヒーを淹れられる
普通自動車第一種免許 資格 剣道初段、英検2級
(出典:ケイダッシュステージ 公式HP

2人はどのようにしてこの世界に?

楢原:俺は高卒で大阪NSCに行きました。

――すぐにでも芸人になりたくて?

楢原:いや、大学落ちて。受験失敗してどうしようかな……。っていうときに、お母さんから「よしもとの学校に行く?」みたいな。ジュノンボーイとかジャニーズJr.とかのノリ(笑)。「普通の専門学校行くよりも安いし、1、2年なんかやれば?」って。

――芸人なんて、反対する親御さんもいると思うんですが……。

楢原:小学校のときは確かに「お笑い芸人になりたい」って言ったこともあるんですけど、中高とそんなキャラでもなく。俺の夢、覚えててくれたんですかね、お母さん。

出井:(笑)

楢原:じゃあお言葉に甘えて行くか、ってなって。

――すると、周りとの温度差があるのでは?

楢原:はい。入った瞬間、みんなの熱にドン引きでしたよ(笑)。こっちはネタ作ったりしたこともないし。本当に入ってしばらく何もしてなかったです。周りに圧倒されてるだけで。「お前、何しに来たの?」ってタイプ。

出井:それでやめなかったのがすごいよね。

楢原:挫折がなかったの。俺はもう元から何の期待もしてないから。フラフラしてただけで(笑)。

――楽しくやれてました?

楢原:はい! みんなネタやるし。楽しかったですよ(笑)。

――出井さんは?

出井:僕は本当にやりたいこともなくて。勉強もあまり好きじゃないけど、とりあえず神戸の大学に行ったんです。大学で何か見つかればいいな、と思って。

――事務所のHPによると、出身地は神奈川県ですが……。

出井:中学まで神奈川で、そのあと兵庫に。

――そうなんですね。

出井:で、大学でたまたま僕の周りにいたのが苦手なタイプばっかりで。大学に罪はないんですけど。

――苦手なタイプ。

出井:チャラい感じの(笑)。フランス帰りのバチェラーみたいな生活してるヤツが「フランス語交えたラップやってるから聴きに来てよ」って。そんなヤツが多かったんですよ(笑)。

――絶対多くはないでしょ(笑)。

出井:いや、多かったんです(笑)! で、ちょっと合わないな~、って思って。

――それで……?

出井:なんとなくお笑いはやりたかったんです。で、大学を1年生のときに辞めて、大阪NSCに行きました。

大阪NSCにそれぞれ入学!

出井:僕ら同い年なんですけど、僕が大阪NSC29期で……。

楢原:俺が28期。

――出井さんが大学に1年間行ったから、楢原さんが1期先輩なんですね。

楢原:はい、大先輩です(笑)。

出井:(笑)

――先輩後輩ということは、最初は違うコンビで?

出井:はい。おのおの別のコンビで4~5年やってました。

――コンビ名は?

出井:僕は『セカンドギア』、そのあとに『スクランブルハネムーン』っていうコンビで。

楢原:俺は『すいっちひった~』ってコンビでした。

――それぞれ解散してしまうんですね。

楢原:はい。コイツ(出井)の方がちょっと先に解散しました。

出井:僕はもうやめようかな、って思っていて……。実家帰ったりしてて。そのとき24歳で、やめてもまだ人生なんとかなるかな~って。

楢原:俺もその2ヶ月後くらいに解散して……。コンビをもう1回やってみようかな、ってときに、コイツ(出井)で行こうかなって。

――それでコンビを組むことに。

楢原:はい。最初は『パープーズ』という名前でした。

そして東京へ!

――パープーズはどのくらい大阪で活動したんですか?

出井:3年です。2014年の夏頃に大阪よしもとをやめて上京しました。

――なぜ上京を?

楢原:当時、劇場で変革があって。世代交代をして若返りをすることになったんです。俺らは芸歴的にボーダーラインにいまして、このまま残ると1番先輩になっちゃいますよと。でも、ランク的には全然トップにいなくて。気まずいなあと(笑)。

――東京でやり直そう、みたいな?

楢原:その感じもあって、ちょうどいいタイミングかなあって。

――東京にツテはあったんですか?

出井:東京に先に行っている先輩が何組かいた程度の……。

楢原:本格的に上京する前に何回か東京に来て、その先輩に話聞いたり、ライブ見たり。あと物件も探さなきゃいけないし。

――けっこうお金がかかりますよね。

楢原:かかりました!

出井:よしもとやめて、一応半年は空けた方がいいと思いまして。その間、めちゃくちゃバイトして貯金しました。もどかしかったですね。ただ朝から晩までバイトだけの生活……。

――どんなバイトをしていたんですか?

出井:スペインバルです。

――おしゃれ(笑)! もっと泥臭いのを想像してました。

出井:アヒージョが大変で……(笑)。

楢原:俺はピザ屋さんです。

――2人ともヨーロッパ系(笑)。

楢原:それで、何回か上京しているときにK-PROの児島さんと知り合って。

出井:2012年に『THE MANZAI』の認定漫才師に選ばれて、それで知っててくれて。

楢原:大阪にいたときは、認定漫才師の凄さがあまりわかってなくて。東京の人が反応してくれてやっとわかったんです。認定漫才師って凄いんだなって。楽屋に挨拶に行ったときも、「あ、パープーズだ」「見たことある」みたいな。

――やっかみもありました?

楢原:「なんでいるんだよ」みたいな。ありましたありました(笑)。