底を見せたくないという底を見せる【サツマカワRPG(後編)】

前半は幼少時代から、現在の事務所に所属するまでを聞いてきました。後編は『怪奇!YesどんぐりRPG』のことや、これからのこと。そしてサツマカワRPG、本音を語り始めます。サツマカワRPGに……、コーヒーブレイク・インタビュー!


『怪奇!YesどんぐりRPG』でM-1に出場

――ピン芸人『Yes!アキト』さん、『どんぐりたけし』さんと、3人で『怪奇!YesどんぐりRPG』というユニットを組んでいます。

サツ:そもそもは、仲良くしてくれてた先輩芸人の『TEAM近藤』さんと、『TEAMサツマカワ』というユニットでM-1に出てたんです。それが、2018年に諸事情で出られなくなっちゃって。

――はい。

サツ:でもM-1は出たいんで、僕。じゃあ他の人と組もうかなって思って。その日たまたま3人で飯食ってて。「ちょっとM-1出ようよ」って言ったら「いいよ」って。

――たまたまそこにいたんですね。

サツ:はい。実は、その前の年(2017年)に、2人でM-1出ようとしてたんですって。そのときYes!アキトは事務所に所属してなくてフリーで。出場するにはどんぐりたけしが事務所に話を通さなきゃなんですけど、そこまでエネルギーがあった話ではなかったらしく。

――なるほど。

サツ:「じゃあ俺入れて3人でやろうよ。事務所には俺が言うから」って言って。事務所から許可をもらいました。

――2019年のM-1グランプリでは、3回戦で敗退してしまいましたが、話題になりました。

サツ:ありがとうございます!

――ピン芸人として、M-1グランプリをどのように捉えているんですか?

サツ:僕はもう、出れるものはすべて出たいんです。

――M-1が特別な存在というわけではなく?

サツ:はい。『キングオブコント』とか『歌ネタ王決定戦』とか。『THE W』にも女装して…。

――THE Wは女性限定の大会なので(笑)。『怪奇!~』の話に戻ります。『怪奇!~』で単独などもやられています。

サツ:ネタが思ったよりもウケたんですよ(笑)。それで、渋谷LOFT9さんから「3人でライブやりませんか?」って声かけていただいて。「じゃあやろうか」って流れになって…。

――そこから3人での活動が増えていく。

サツ:そうですね。それで大阪のイベンターさんからお話いただいて大阪行ったり。

――精力的ですね。

サツ:そのとき「いろいろ巻き込もう」って気持ちがあって。クラウドファンディングで交通費を募ってライブやったりしてましたね。

ピンで大阪の単独も

――『怪奇!~』だけではなく、サツマカワRPGとしても大阪で単独ライブをやっています。

サツ:はい。大阪でも単独やりました。

――集客など怖くなかったですか?

サツ:怖かったっすね~。でも、なんとか満員でした。TwitterとかYouTubeのおかげかもしれないですね。

――スタッフさんは?

サツ:最初は大阪でお願いしようと思ったんですけど、東京で単独やったときのスタッフさんが「行きたい」って言ってくれて。安くやっていただいちゃいました。ありがたかったっすね~。

――お客さんの反応は?

サツ:まったく一緒でした。めちゃめちゃウケましたね~(笑)。

――(笑)

仕事に活かせそうな趣味は?

――RPGという名だけあって、やはりゲーム?

サツ:ハマっちゃうんですよね~。オンラインでしりとりするゲームがあるんですけど、しりとりしてて1日が終わった日があります。

――(笑)

サツ:基本オタクなので、漫画とかも好きです。コロコロコミック系とか。

――なるほど。

サツ:あと僕、昔、居酒屋のキッチンで5年バイトしてたんですよ。だから料理はできます。

――家庭のキッチンでも?

サツ:はい。自炊してます。あと、怪奇!YesどんぐりRPGのinstagramで『見た目0点クッキング』ってのやってて。

――(笑)それ、味はいいってことですよね?

サツ:うまい……、ですね。

――怪しいですね(笑)。お金が自由に使えたらやりたいことはありますか?

サツ:僕、お金使わないんですよ。服とかも買わないし、基本自転車なので交通費も……。

――節約してるとかではなく?

サツ:そうですね。物欲とかあまりなくて。

――芸人を志望する動機としては、「お金持ちになりたい」という人もいると思うんです。

サツ:安定した収入は欲しいですね(笑)。結婚願望があるんで、安心して結婚できるくらいの収入は欲しいです。

今、出たい番組は?

サツ:『IPPONグランプリ』っすね。一番は。大喜利。面白い人に面白いって思われたいっす。

――対面の芸人が評価しますからね。

サツ:面白さをバーンと示せる番組に出たいですね。芸人にウケたいじゃないですか。

――わかります。

サツ:僕、ネタのときに大きい声で「お願いします!」って言うじゃないですか。あれもそうなんですよ。ネタ見せで、横で芸人が見てるときあるじゃないですか。そこでウケたくて。

――声の大きさが異常ですからね。笑っちゃいますよね。

サツ:もちろん、ライブのお客さんにウケたうえで、ですけど。

今、力を入れていることは?

――もちろん、ご自身のネタや『怪奇!~』の活動もあると思いますが。

サツ:これあまり言ってないんですけど。ブログ、結構やってて。

――サツマカワRPG垣結衣(笑)。

サツ:はい(笑)。自分のブログけっこう好きなんですよ。

――嘘なのか本当なのかよくわからない、不思議なブログですよね(笑)。反響は?

サツ:ないっすね~(笑)。Twitterはちょこちょこ面白いって言ってくれる人はいるんですけどね。女優の松本穂香さんが『いいね』してくれたりとか。

――すごい!

サツ:もうちょい自分で言った方がいいですかね? (大声で)「ブログ、読んでくださーい!」つって。

――(笑)

サツ:Twitterもブログもいっぱい更新しようと思ってます。いっぱい発信した方がいいかなあって。