陽キャに憧れた少年がお笑いの道へ【サツマカワRPG(前編)】

その大きな声と独特のセンスで、見る者に衝撃を与え続けるピン芸人『サツマカワRPG』。彼がいかにしてお笑いの道へ進むことになったのか。サツマカワRPGに……、コーヒーブレイク・インタビュー!


サツマカワRPG
本名 薩川 凛(さつかわ りん)
生年月日 1991年1月26日(H3年)
血液型 A型
身長 178cm
体重 65kg
足のサイズ 26.5cm
出身地 山梨県
趣味 夜更かし
特技 ピアノ
資格 漢検2級、英検2級
(出典:ケイダッシュステージ公式HP

インタビュー前に……

――今までにこういうインタビューの経験はありました?

サツ:はい。でも、今まで真面目に回答しすぎたな、ってのがちょっとだけあって……。

――はい。

サツ:もっと鬼ボケした方がよかったのかなって(笑)。

――度合いにもよると思いますが……。

サツ:迷いますよね~。

――では、鬼ボケバージョンでお伺いします。サツマカワRPGさんは、どんな子どもだったんですか?

サツ:『子ども』っていうか。僕らの村ではその……。ネットに載せない方がいいのかな……。僕らの村では、『子ども』って概念はなくて、『クルス』っていう生命体で呼ばれてて。全員親は一緒なんですけど……。

――鬼ボケバージョン、やめましょうか(笑)。

サツ:はい(笑)。

クラスの人気者とは真逆

――では、改めて。どんな子どもだったんですか?

サツ:めっちゃ陽キャでしたよ! 友達たくさんいて……。足も一番速かったっすねえ……。ドッジボールも……。

――ホントですか?

サツ:ウソです。

――鬼ボケバージョンが抜けてないですね(笑)。

サツ:すみません(笑)。暗くておとなしい子でした。イジメられてましたし。めっちゃ太ってたんすよね~。陽キャになりたかったっていうか。陽キャの友達が欲しかったっていうか……。

――なるほど。

サツ:あと僕、余計なこと言っちゃうタイプで。

――おとなしいのに。

サツ:なんかあったらすぐ先生にチクるんです(笑)。

――クラスの人気者とは真逆。

サツ:そうですそうです。正義感が強かったんです(笑)。

――良いように言いますね(笑)。

サツ:つまんなかったですね、中高は。だから勉強に打ち込みました。

――お笑いに興味はあったんですか?

サツ:NHKの『爆笑オンエアバトル』は見てました。それしか楽しみがなかったですね。そんなキャラでしたけど、オンバトの話ができる、お笑い好きの友達はいました。

――そうなんですね。

サツ:高校に入ってからは、イジメがイジラレに昇格しまして。教室で『イロモネア』やらされてたりしました(笑)。

――昇格しきっていない気もしますが(笑)。

部活動は?

サツ:中1で体操部に入りまして。小学校のときに仲良かったやつが入ったからなんですけど。

――太っている子は、体操部は大変だったのでは?

サツ:そうです。だから、全然できなくて。嫌な思い出しかないですね~。1年でやめちゃいました。

――そうなんですね。

サツ:あ、でも、逆立ちはできます。今でもたまにやります。単独ライブとかで急に逆立ちしたり(笑)。好きなんですよ、逆立ち。壁ないとダメなんですけど。

――(笑)

サツ:それで、中2でテニス部に入りまして。そしたら同級生は1年生のときにボール拾いしてるんです。2年から入った僕はボール拾いしてないんで。変な感じになりました(笑)。

――上手に生きていけてない(笑)。

サツ:運動は苦手でしたね……。運動。アレよくないですよ。

――え?

サツ:人間の優劣をつけてしまう! 良くない!

――(笑)

サツ:球技会とかでも、「薩川(本名)こっちいるから1点もらっていい?」みたいな(笑)。

――子どもは残酷ですから(笑)。

サツ:あ! でも、僕、腹筋がムチャクチャできます! 腹筋を小学校のときから毎晩50回とか、やってたんです。体力テストで、腹筋だけ全国何位とか入ってたんですよ。

――それが今の大きな声量につながっているのでは?

サツ:そうかもしれないですね(笑)。

――高校では?

サツ:高校は、軽音楽部に入りました。小学校のときからピアノをやってたんで、キーボードを。陽キャに憧れて、軽音楽部。

――陽キャへの憧れが抜けない。

サツ:はい。高校で、「今度こそ、陽キャ側に行くんだ!」って。

――なるほど。

サツ:あと弓道部にも入りました。半年で辞めちゃいましたけど。

――深夜アニメで扱われそうな部活に入りがちですね。

サツ:憧れがやっぱ強いんすよね(笑)。

――ピアノは今でも弾けるんですか?

サツ:弾けます。この間の単独ライブのエンディングで、ピアノ弾いたらめっちゃウケましたね(笑)。

――(笑)

いわゆる大学デビュー

――そして大学へ行きます。

サツ:はい。そこでお笑いサークルに入りまして。そこですね、転機は……。すべてがひっくり返ったんですよ! お笑いという武器を手に入れまして……。

――いわゆる大学デビュー(笑)。

サツ:完全にそうです(笑)。

――大学お笑い出身なんですね。卒業して、プロの世界に入ったんですか?

サツ:いえ。在学中に養成所に行ってます。3年生のときにワタナベコメディスクール(以下『WCS』)に入りました。WCSが大学生芸人対象の大会を開いてて、それに優勝すると、WCSに無料で入れて賞金も出るという……。

――そこに出場するんですね。

サツ:はい。プロになる気は全然なかったんですけど、みんな出てるからって感じで。

――意外ですね。もともとプロ志向なのだと思っていました。

サツ:全然です。普通にサラリーマンになるつもりでした。

――ピンで出場したんですか?

サツ:はい。そのときは『ABBAAB→→←ん(えーびーびーえーえーびーみぎみぎひだりん)』という名前で。

――なんという名前!

サツ:クレヨンしんちゃんの映画で出てくるコマンドなんです。

――芸風は?

サツ:今とそんなに変わってないかな。ショートコントで……(※以下、本人ネタ内容説明。刺激的な単語が出てくるネタなので、このサイトでは自主規制!)

――学生らしい(笑)!

サツ:一番ウケましたね(笑)。

――そうかもしれないけど、ダメでしょ(笑)。

サツ:それで準優勝で。不服で。「俺の方がウケたのに!」って当時は憤慨してましたけど。今思えば「そりゃそうだろ」って思います(笑)。

――(笑)

サツ:それで、WCSに安い値段で入学できることになって。プロになる気はなかったけど、安いならいいかって感じで。名前もそのときに『サツマカワRPG』に改名しました。

――RPGはどこから?

サツ:大好きなゲーム『スーパーマリオRPG』から。本当は『星のサツマカワ スーパーデラックス』にしようと思ったんですけど。

――長い(笑)。

サツ:マツコ・デラックスさんとカブるかなって。

――そこ(笑)? とにかく、大学に行きながらWCSに通うことに。

サツ:そうです。3年生の1年間はダブルスクールでした。

――そしていよいよ事務所に所属します。