オタクと料理と地元愛【ペッパーボーイズ(後編)】

前田さんは料理が得意

前田:僕は料理が好きですね。instagramで『#お兄飯(オニイメシ)』っていうのをやってます。

――オニイメシ?

前田:僕がオネエの反対のオニイなんで、お兄飯です。

――お兄飯と普通のメシはどう違うんですか?

前田:オニイが作ってるってだけなんですけど(笑)。でも、ほぼ毎日アップしてて。魚さばいたりしています。

石本:ホントにすごくて、カレーもイチから作るんですよ。

――どんなレパートリーがあるんですか?

前田:松屋のネギ塩豚カルビ丼を再現したり、ほっともっとの野菜炒めを再現したり。あと、たくさん作ってみんなでパーティーしたりもします。

――コスパも考えられているんですか?

前田:もちろん! 1000円分の食材で、1週間くらいは持たせますね。

石本:え! マジで?

前田:そう、だからお前のさっきのチクワがどうのとか、わけわかんねえから(笑)。

――料理番組に興味は?

前田:出たいんですよね~。『家事ヤロウ!!!』とか。

石本さんの飼っているウサギ

――石本さんはウサギを飼っているとのことですが。

石本:はい。僕、もともとは犬派だったんですけど……。

前田:普通、犬派かウサギ派かじゃねーだろ(笑)。

石本:あ、そっか(笑)。

――(笑)

石本:最初は、奥さんから「ウサギ飼ってみない?」って言われてなんですけど。僕は学校のウサギのイメージしかなくて。なつかなくて餌だけ食ってどっか行く、みたいな。

――わかります(笑)。

石本:でも、いざ飼ってみたらメチャメチャ可愛くて。

――今は何羽飼っているんですか?

石本:2羽です。『オレオ』と『レモン』。

――もし増えたら、なんて名前を付けますか?

石本:『ラビット』です。

――え(笑)?

石本:『ウォーキング・デッド』のダリルの飼っている犬が『ドッグ』っていうんですよ。だから僕もウサギに『ラビット』って付けようかなって(笑)。

前田:絶対嫁が許さないでしょ(笑)。

もしお金が自由に使えるなら?

石本:ホエールウォッチングに行きたいです!

――即答(笑)!

石本:僕、大きな動物が好きで。特にクジラ。『アニマルプラネット』とかでシロナガスクジラ見て感動して……。あれだけ大きなモノがいるって、それだけでロマンじゃないですか。

――わかります。

石本:アレを目の前で見たくて。だから、衣装がクジラの模様のシャツなんです。

――あのシャツにはそういう想いがあるんですね。

石本:海中の檻に入ってホオジロザメとかも見たいですね。

――VRでそういう映像もありますが……?

石本:VR? ナメないでくださいよ!

前田:怒られましたよ(笑)。

――すみません(笑)。

石本:なので、『世界の果てまでイッテQ!』とかも出たいです!

――前田さんはお金があったら?

前田:バイクの免許取って、日本全国ツーリングしたいです。キャンピングカーもありですね。

――それは、1人でですか?

前田:はい。そのときにいい奥さんでもいれば、もっと楽しいかもですけど。

――なるほど。

前田:スマホとか全部遮断して。何も考えずに好きなところ行って、時間を無駄に使いたいです。

――いいですね。

前田:あと、お店出したいです。お酒も料理も楽しめる、居酒屋風の。

――料理得意ですからね。

前田:そこで、悩めるLGBTQなり、友達なり、後輩なり、飲みたい先輩なり、みんなが来やすい居酒屋作りたいです。

石本:すなっく『のしん』……。

――のしん?

石本:前田かずのしんの『のしん』です(笑)。僕はお酒飲めないんで、行かないですけど。

前田:おい(笑)!

今後やってみたい仕事は?

――先ほど、『世界の果てまでイッテQ!』に出たいというお話もありましたが……。

石本:あと『ザ・ノンフィクション』に出たいです!

――え?

前田:あれは芸人が出たいとかそういう番組じゃないんじゃ……。

――どちらかと言えば、LGBTQのことで、前田さんの方が出る可能性がありそうな……。

前田:そうそう(笑)。

石本:いや、密着とかして欲しいじゃないですか。

前田:だったら『情熱大陸』とかじゃない?

石本:あ~。『情熱大陸』もいいなあ!

――(笑)

石本:あと、怪談話もあるんで、そっち系の仕事も。

前田:体験談がそれぞれ1、2本ずつありますね。心霊写真もあります。

――芸人にとって、怪談話も大事な仕事のひとつになりますからね。

前田:あと、僕らの共通の目標で……。地元の九州で番組やりたいです。

――それは、どんな番組ですか?

石本:街ブラのロケですね。知らない人に話しかけられたりしたいです。

――いいですね。

石本:あと、観光大使。地元の観光大使やりたいです。

前田:なりたい、観光大使! 地元のみなさん、お願いします!

最終的な目標は?

前田:地上波のバラエティでガツンと売れたい!ってのはもちろんあるんですけど。最終的には地元を拠点として活動したいなってのもあって。

――なるほど。

前田:LGBTQの話にもなるんですけど、九州ってまだまだそういうことに対処できる病院が少ないんです。そういう病院を増やそうみたいな活動もしていきたくて。

――前田さんとしては、LGBTQのことで悩んでいる若い子の助けもしていきたい?

前田:難しいところなんですけど、何から何まで助けたいっていう感じでもなくて。こういうのって、自分で考えて動くことが一番大事だと思うんです。

――確かにそうかもしれませんね。

前田:よくSNSのメッセージでも相談が来るんですけど、全部その人によるんで、なかなか答えられないんです。

――ケース・バイ・ケースですからね。

前田:その人たちが、僕をひとつのモデルケースとして見てくれば、って感じです。

――石本さんは?

石本:やっぱり、MCの夢は諦めてないですね。

――おお!

石本:あとは……、美味しいものが食べたいなあ……。

――例えば?

石本:ウナギ。

前田:以上です!

――急に終わった(笑)。ありがとうございました。


トランスジェンダーとポンコツキャラ。それだけ聞くとどうしても先入観を持って見てしまいがちですが、深く話を聞いてみると、オタクな面、料理上手な面、地元愛に溢れている面、やっぱりポンコツな面。いろいろ見えてくるものだと改めて感じさせられました。これからも2人がさまざまな面を見せてくれることを期待しながら、ペッパーボーイズのコーヒーブレイク・インタビュー、以上!