目標を執念で達成するスタイルで1発当てに行く!【アイドル鳥越(後編)】

(アイドルライブにて)

ゲームもアニメも大好き

――暇なときは何をされているんですか?

鳥越:ゲームですね。ゲーム大好きなんです。

――主にどんなタイトルを?

鳥越:今メチャクチャやってるのは『あつまれ どうぶつの森』です。マジで私、自信あるくらいの島になってます。あと『PUBG』ですね。『PUBG』は仲いい芸人と夜やるのが日課になってます。『ぷよぷよ』も好きです。5連鎖は基本ですね。あと『スプラトゥーン2』とか。

――本当にゲーム好きなんですね。

鳥越:ゲーム全般好きですね。

――もともとオタク気質なところがありますもんね。

鳥越:はい。アニメもちゃんと毎期チェックして見てます。

――おすすめは?

鳥越:今期はけっこう激アツアニメがいっぱいで、選びきれないですね~。

――では、今期に限らず、鳥越さんのフェイバリットアニメは?

鳥越:さっきも話したんですけど『テニスの王子様』が原点で。あとは『NARUTO -ナルト』『からかい上手の高木さん』『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』とか。いっぱいあります。

以前はコスプレイヤーとしても活動

――他にどんな趣味があるんですか?

鳥越:昔はよくコスプレとかしてたんですけど……。

――どういうコスプレですか?

鳥越:アニメとかゲームの。『キングダムハーツ』シリーズの『XIII機関』のコスプレとかしてましたよ。

――コミケなどに出没したりするんですか?

鳥越:コミケとかじゃなくて、スタジオ借りて撮影ですね。コミケはどうしても、撮影すると背景に人が入っちゃうじゃないですか。それよりも私は作品寄りで。あんまり自分の顔は出さない感じのとかのもありました(笑)。

――いつごろからやられていたんですか?

鳥越:中学からですけど、そのときは化粧の仕方とかよくわからなくて。ちゃんとやり始めたのは高校からですね。専門学校卒業するくらいまでやってました。

ヨーロッパに行きたい

――お金が自由に使えるなら、何がしたいですか?

鳥越:海外メチャクチャ行きたいんですよねー。

――どこの国ですか?

鳥越:今まで行ったことあるのが、アメリカ、台湾、韓国、中国で。ヨーロッパはまだ1度も行ったことないんで、ヨーロッパですね。

――かなりいろいろ行かれてますね。

鳥越:海外旅行好きなんです。友達で海外好きな子もいるし、そのときアメリカに留学してた友達もいたんで……。

――外国語はできるんですか?

鳥越:ボディランゲージで全部通じるから大丈夫です(笑)。

――ヨーロッパで何をしたいですか?

鳥越:自撮りです。

――(笑)

鳥越:ヨーロッパって、絶対、自撮り盛れると思うんですよ。水場多そうだし(笑)。

SNS一覧

――SNSなどをたくさんやられている印象があります。ちょっと追い切れなくて……。

鳥越:(笑)
――整理してお伺いしたいのですが。

鳥越:まずはTwitter。Twitterはいろんなライブ告知とかで、1番使ってます。あとInstagram。私、本当にインスタグラマーになりたいから、ネイルとか。芸人さんが見たら「どこがオモロイねんこれ」くらいの本気の写真を。自撮りとかを載せてて。

――他には?

鳥越TikTok。TikTokは若者がやってるって聞いて(笑)。1回バズったのがあるんですけど、アイドルがタバコ吸ってるみたいなネタで。そこからタバコのネタばかり上げてて。TikTokでは私、『タバコの人』ってなってます。「タバコの人ですよね?」って声かけられたりもします(笑)。

――何も知らない人からしたら、『タバコの人』ってなんなんだろうって思いますよね(笑)。

鳥越noteもやってて。私、特技に『即興アイドルソング』ってあるんですけど。それをもっと磨くために、即興で録音したのを毎日上げてるって感じです。これでバズりたいとかではないですね。

――なるほど。

鳥越YouTubeは、さっき(前編)もお話した通り、MVを上げてます。あとFan’sっていうのもあります。これはファンクライブサイトのアプリで、有料なんで、興味のある方は是非って感じです。ざっくり言うとこのくらいですかね……?

――本当にたくさんありますね。

(リモートインタビュー キャプチャー画像)

出たい番組は?

鳥越:芸人部門で言うと『世界の果てまでイッテQ!』とかすごくいいなって思います。海外好きですし。

――芸人部門じゃないとすると?

鳥越:わりかし歌を広めたいというのもあるんで……。『FNS歌謡祭』は絶対出たいんですよね。

――(笑)

鳥越:芸人さんだと、ボケで「歌番組出たい」って言うことあるじゃないですか。そういうのじゃなくて。ナメないで欲しい。一緒にして欲しくない。私は本気で出たいんです。

――ご本人に直接お伺いすることじゃないかもしれませんが……、歌、お上手なんでしたっけ?

鳥越:普通ですね(笑)。

――(笑)

鳥越:芸人としてはメチャクチャ音痴とかだったらいいんですけど、まあまあちゃんと歌えるし。特別上手いわけでもないんですよね~。

――では、楽曲の楽しさなどで勝負ですね。

鳥越:楽曲は自信あります。作曲してくれる方が本当にいい曲作ってくれてるんで。

――他力本願(笑)。

今後の目標は?

鳥越:いっぱいあって、私、家の壁に貼ってるんですけど……。

――是非見せてください。

鳥越:本当に? 恥ずかしいんですけど……!

――まさかの3枚(笑)!

鳥越:誰にも見せたことないです(笑)。

――見せていただいてありがとうございます。

鳥越:前に引っ越しで退去するときに、これ剥がすの忘れてて、不動産屋さんに見られちゃって。「頑張ってください」って言われて(笑)。「捨てといてください」って言ったのに、大事に取っといてくれようとしちゃって……。

――人の夢を無下にはできないですからね(笑)。

鳥越:今年はいろんなことがあって難しいですけど、基本、このなかの目標を1個でも多く叶えるっていうのをやってて。毎年、新年明けたときに書いてます。

――ここに書かれていない、大きな目標としては?

鳥越:私、1発屋になりたいんです!

――というのは?

鳥越:聞こえが悪かったらアレなんですけど……。1発屋の人って、すごいみんなの記憶に残るじゃないですか。その人のギャグとか。そういうのを見ると、やっぱり1発当てた人ってすごいなあって。

――なるほど。

鳥越:1発当てて、その後消えても……。いつか子ども生まれたとして、子どもを幼稚園に連れていったときに「『らぶぅ~』の人じゃん」って、言われたいです。そのためにも、まずは壁に貼ってる目標をひとつひとつって感じですね。


オーディションでもアルバイトの面接でも、とにかくがむしゃらに執念で勝ち取っていく。しかし、そこに嫌味がないのは、持ち前の明るさと高いコミュニケーション能力、そして、しっかりと目標を見据えているからなのだろう。彼女が1発当てることを祈りつつ、アイドル鳥越のコーヒーブレイク・インタビュー、以上!