恋愛ものが大好きなギャグのお兄さん【どんぐりたけし(後編)】

前編は、芸人を始めたきっかけ、養成所時代、ギャグが量産されている秘密、芸名の由来などを聞いてきました。後編は『怪奇!Yes!どんぐりRPG』の活動、趣味の洋服、恋愛大好きグループ(?)の話を聞いていきます。どんぐりたけしに……、コーヒーブレイク・インタビュー!

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、リモートによるインタビューとなっております。画像は、リモート画面のキャプチャーと、ご本人よりご提供いただいたものを掲載しております。

(リモートインタビュー キャプチャー画像)

『怪奇!Yes!どんぐりRPG』でも活動

――Yes!アキトさん・サツマカワRPGさんと、ユニット『怪奇!Yes!どんぐりRPG』でも活動されています。1人のときと3人のときの違いはありますか?

どんぐり:全然変わらない気もしますね。『怪奇!~』に関しては、まったく意思がないわけじゃないですけど、僕は言われた通りにやってるっていうのもあって(笑)。

――3人のなかで1番後輩ですからね。

どんぐり:2人の言うこと全部「おもしろい!」って思っちゃうんです(笑)。逆に「僕がセンターやってもいいんですか?」みたいな。

――なるほど。

どんぐり:シンプルに楽しいですね。2人とも面白すぎるんで。

――去年、一昨年と『M-1グランプリ』に出場して予選で話題になりました。出場してみていかがでしたか?

どんぐり:去年の3回戦のルミネは、ウケすぎてゾクゾクってきました。

――こんなこと言ったら失礼かもしれませんが『どんぐりたけし』では経験したことないような……?

どんぐり:そうですね。初めての感じでした。『GYAO!』でも配信されて、若手芸人界隈では話題になって。

――そうなんですね。

どんぐり:初めて他の芸人さんから「オモロかったよ」「M-1見たよ」って言われるようになって。僕、ピンでやってたときは、そういうのほぼなかったんです。『芸人ウケする芸人』みたいな。みんな袖に見に来る感じ。その経験をしたことがなかったんで、すごい嬉しかったですね。

――今年は『M-1』の予選も新型コロナの影響でどうなるかわからない部分もありますが、出場は決めているんですか?

どんぐり:今年ももちろん出ます。

――『プレイヤーチェンジ』は、そもそもソーシャルディスタンスを守れているネタですもんね。

どんぐり:そうですね。距離を取って1人ずつ順番にギャグやるだけなんで。

――(笑)

どんぐり:このインタビューご覧になっているみなさんには。是非『怪奇!Yes!どんぐりRPG』のYouTubeを見て欲しいです。

将来の夢は探検家?

――どんな子どもでしたか?

どんぐり:茨城の旅館の息子で生まれて。基本的には明るい人間で。友だちもいて。何不自由なく生活して……。

――闇がなさそうですね(笑)。

どんぐり:そういう意味では……。『人の目を伺って生きてる』感じはありました。親とか先生とかに、怒られないように怒られないように、のらりくらりと生きてました(笑)。

――芸人以外でやりたいことはあったんですか?

どんぐり:学校の先生とか、保育士さんとかやりたいなとかはありました。

――成績はよかったんですか?

どんぐり:中の下くらいです(笑)。

――運動神経は?

どんぐり:運動神経はよかったですね。小中高とサッカー部で。体育も大好きでした。

――そうなんですね。

どんぐり:唯一できないのは水泳でした。嫌いでしたね。今でもあんまりプールとかでテンション上がらないです。わりと水怖いです(笑)。

――(笑)

どんぐり:芸人以外でやりたいことで思い出したんですけど。僕、実はアナ学時代に、芸人やめようと思ったことがあって。

――え?

どんぐり:急に「はたして俺はいったい何がやりたいんだろう?」って思っちゃって。それで、アナ学を休んで、小学校のときの卒業文集とかを見返したんです。「ここに俺の本当にやりたいことがあるかもしれない」って思って……。

――なるほど。

どんぐり:そしたら、将来なりたいものに『探検家』って書いてありまして……。「探検家とは? 探検家ってなんだ? 何を探検するんだ?」ってなっちゃって。そこに答えが書いてなかったんですよね(笑)。

――(笑)

どんぐり:それで、すぐに芸人の道に戻りました(笑)。

(小学生時代)

特技は?

どんぐり:20歳くらいからずっと飲食でアルバイトしてるんで、料理はそこそこできます。

――どんなお店ですか?

どんぐり:中華料理屋さんと、ホテルの和食屋さんと……、土浦にあるショーパブの『歌芸夢者』でもやってました。

――『歌芸夢者』は、モノマネの方をはじめ、芸人さんもよく出ていますが……。

どんぐり:ステージには一切出演せず、ホールと厨房を。バイトです(笑)。

――他に特技はありますか?

どんぐり:あと、大道芸の『デビルスティック』ができます。

――すごい!

どんぐり:そこそこですけど(笑)。特技を身に着けようと思って練習しました。

――(笑)

どんぐり:本当にギャグ以外のスキルがなさすぎて……。ギャグ一本槍なんですよね。いつも特技聞かれたときに困ってます(笑)。

恋愛が大好き

――趣味はなんですか?

どんぐり:今メチャクチャ好きなのは恋愛ドラマですね。あと恋愛バラエティとかも。恋愛もの好きなんですよ。

――意外な一面(笑)!

どんぐり:ケイダッシュステージの芸人で『恋愛大好きグループ』があって。メンバーは加瀬部さん(フレンチぶる)と、城戸ちゃん(ジャガモンド)の3人で。

――奇しくも坊主頭3人(笑)。

どんぐり:そうなんです。3人の坊主が(笑)。「このドラマいいぞ」「アレ見た?」みたいなのをすっごい話すんです。

――楽しそうですね(笑)。

どんぐり:3人で旅行とかも行ってるんですよ。川越にキャンドルを作りに行ったりとか。それを女っ気ゼロでやってますからね(笑)。

――(笑)

どんぐり:いつか3人で、恋愛について何でもわかったようなこというみたいなことやりたいんですよね。

――どんぐりさんのおすすめの恋愛ドラマは?

どんぐり:最近で言うと、令和版の『東京ラブストーリー』です。アマゾンプライムビデオで見られるんですけど。昔の『東京ラブストーリー』が今っぽくアレンジされて、新しいキャストでやってるんですけど、メチャクチャ面白いんです!

――そうなんですね。

どんぐり:ここ最近では1番ハマりました。ガツンと入ってきましたね。

――『どんぐりたけしは恋愛大好き』をもっと推してもいいかもしれませんね。

どんぐり:そうですね。人の恋バナ聞くだけでいいんですよ。ドラマ見ながら「うわ、これヤバくない?」って言っていたいです。

――自分自身の恋愛は?

どんぐり:自分自身は……、経験値なさすぎる感じです(笑)。