お坊さんとバンドマンが出会った奇跡【ドドん(前編)】

激動の相方探し

安田:それで、地元の友だちとコンビ組んで、ワタナベコメディスクールに行きます。

――コンビ名は?

安田:『ヴィンセント』です。そこに1年通うんですけど、事務所に所属はできなくて。フリーでやっていこうってなりました。

――所属するのも厳しいですからね。

安田:そしたらその相方が突然「やめたい」って言い出して。

――何があったんですか?

安田:それがですね……。「宝くじで一千万当たったから」って。

――ええ? 本当に?

安田:本当なんです。今は彼、普通に働いてますけど。

――すごい話ですね。しかし、安田さんは1人になってしまいました。

安田:それで、「どうしよう」ってことで、相方探しを始めます。

――ピンでは活動しなかったんですか?

安田:はい。コンビでやりたかったんで。それで、知り合いの芸人がたまたま解散して、そいつと組むことになったんです。

――はい。

安田:そしたらある日、まったく連絡が取れなくなって。で、そいつとルームシェアしている芸人に聞いたら……。「あいつ、捕まったぞ」って。

――ええ!

安田:話を聞いたら、免許証偽造してお金を借りるみたいなことやってたらしく……。

――相方が、宝くじ当たったり、逮捕されたり……。壮絶ですね。

安田:そうなんです(笑)。それで、留置所に面会に行きました。よく映画とかで出てくる、穴の空いたアクリルの……。

――ありますね。

安田:彼の処遇が詳しくはわからなかったんですけど、僕としてはコンビ続ける気だったんで、ヒマだろうからって、新ネタを書いて渡したんです。

――それこそ映画の1シーンみたいな。

安田:そしたら留置所のルールで、渡した文書は看守さん(?)に読まれるんですよ。変な暗号とかあるんじゃないかって。それでその新ネタを看守さんが読みはじめて。

――恥ずかしい(笑)。

安田:はい(笑)。1ページ目からマジマジと読んで。微動だにせず……。ひと笑いもしないで「はい」って相方に渡すんです。

――(笑)

安田:このネタやりたくないって思いましたね~。

――確かに(笑)。

安田:で、そいつもなんだかんだで釈放されて、出てきたんですけど……。さすがに続けられないってことになって。

――仕方ないですね。

安田:それで他の養成所行こうと思っていろいろ調べたんです。

――折れないですね~。

石田:どこでも辞めるタイミングあるのに(笑)。

安田:そうなんですけど(笑)。とにかく入れるところを探して『マセキタレントゼミナール』に辿り着きました。

――やっと石田さんとの接点が出てきました!

石田:はい。それで僕が入学したら安田さんがいました。安田さんの方が半年先輩です。

――あれ? 石田さんは秋に修行寺を出て、入学できる春まで半年地元のライブに出てたと仰ってましたが。

石田:秋から入れるって知らなかったんです(笑)。

養成所でドドん結成

石田:そこで僕も相方を探すんですけど、経験者と組みたくて……。

安田:経験者は俺ら入れて5人くらいでしたね。それで、それぞれお試しで組もうよってなったんですけど、石田と組もうとしてた人が飛んじゃったんです。「じゃあ俺、石田とやるわ」みたいな感じで……。

――やっとドドんが完成しました。

石田:やっとです(笑)。コンビ名は最初ちゃんとついてなくて。『安田石田』みたいな。

――第一印象はどうだったんですか?

安田:コイツ、出会ったときはギンギンに目が血走ってて……。

石田:血走ってないわ(笑)!

安田:「俺と組んだら売れますよ」みたいな状態で。天狗の鼻ぐーんって伸びてて。

――『悟り』とはほど遠い(笑)。

石田:大学お笑いで優勝してますから。

安田:これは1回折っとかないとダメだなあって思って(笑)。

――(笑)

安田:「ネタあるの?」って聞いて。「あります」って言うからそれをやることにして。で、案の定スベるんです。俺も面白くないと思ってたんで。

――ひどい(笑)。

安田:3回くらい授業行って、スベり倒して……。「十分やったよね? じゃあ俺書いていい?」って言って。

石田:天狗の鼻、折られました(笑)。

――ちなみに、どんなネタだったんですか?

石田:ハワイに旅行に行って、スニーカーショップに行ったら、河童がスニーカー買ってて。足にヒレがあるから入らないですね……。っていう漫才です。

――(笑)

石田:それで、安田さんがネタ書いたんですけど、それも、僕は面白くないなあって思ってて。双方面白くないってなったんです。

――問題発生ですね(笑)。

石田:じゃあ「お坊さん使ってみよう」ってことになりまして。

――今の形に近付いてきました。

石田:これが、僕としては……。「それだけはごめんなさい」「そんなことしたら親に顔向けできません」って感じだったんですけど。

――最初は拒否していたんですね。

安田:当時は『エンタの神様』とか『爆笑レッドカーペット』の時代で。キャラに引きがあった方がいいかなあって。とりあえず世の中に出ないといけないってことで。お坊さんって誰もいないし。

――なかなかいないですよね(笑)。

安田:とりあえずやってみないとってことで。やってダメだったらそれでいいじゃんって説得して。

――なるほど。

石田:そしたら、一発目のネタ見せでめちゃくちゃウケたんです。

――おお!

石田:作家さんに「それだよそれ!」って言われて。

2人:「これだー!」って(笑)。

石田大遅刻事件

――順調に来ています。そのまま事務所に所属するんですか?

石田:マセキのオーディションライブにはけっこう出られたんですけど……。

安田:当時、6ヶ月連続で出られたら仮所属になれるっていう噂があって。僕ら5ヶ月出てて、来月出られたら仮所属だろうってときに、事件が起きました。

――事件。

安田:その6ヶ月目のネタ見せの日に、相方が来なかったんです。

――え!

石田:そうなんです(笑)。

安田:集合時間になっても来なくて。それで、「相方が遅刻してるんで、僕だけ中に入って待ってもいいですか?」ってお願いしたんですけど。それがダメなルールで。

――はい。

安田:アイツ何やってんだ、来たらぶん殴ってやろうって思って待ってました。

――実際、何をやっていたんですか?

石田:それが……。なんでそんなことになったのか、人生わからないですけど。そのとき、居酒屋で夜勤のアルバイトをしてて。バイトのメンバーも僕が芸人になるのを応援してくれてたんですね。

――はい。

石田:バイト先で「明日多分、事務所に所属できると思うんですよ。プロになれると思うんです!」って言ってたんです。

――いい雰囲気ですね。

石田:はい。それで、仕事終わり。朝5時ですね。店長が「前祝いだ、飲みに行こう!」って。

――イヤな予感がします。

石田:でも僕は「いやいやいやいや、大事な日なんで!」って断ってたんですけど。「一杯くらいいいじゃないか」って……。

安田:ダメ坊主(笑)。

――(笑)

石田:でもホントに1時間くらいで帰ろうと思ってたら、店長が酔っ払っちゃって、そこで他のお客さんとケンカになっちゃったんです。で、警察沙汰になっちゃって……。

――ええ!

石田:それで僕が説明するために警察署に行かなきゃいけなくなったんです。そのときはもう服もビリビリで。

――ケンカを止めてて?

石田:そうですそうです。ようやく警察署を出て、急いで衣装を取りに家に帰って。

――はい。

石田:急いでたんで、家からタクシーで駅に向かったんです。でも慌てていたせいで、衣装を全部、そのタクシーに置き忘れちゃって。電車に乗ったときには衣装がなくて。でも身体ひとつでも行かなきゃ!って電車に乗ってたんですけど、夜勤明けだったんで……、そのまま寝ちゃったんです。

――もう、踏んだり蹴ったり。

石田:気付いたら全然違う駅で。ネタ見せなんかとっくに終わってる時間で……。「やばい……。行かなきゃ……」ってボロボロの状態で到着したんです。

――携帯で連絡はしなかったんですか?

石田:バッテリー切れてましたし、正常な判断もできない状態で……。

――なるほど。

石田:サンダルを片方なくした、Tシャツビリビリの男が……。「ずびばぜん……」って(笑)。

安田:僕も、来たらぶん殴ってやろうと思ってたんですけど。あまりにもボロボロで。その姿を見た瞬間、抱きしめそうになりましたね(笑)。

――(笑)

石田:それで周りからの印象も悪くなっちゃって……。

安田:僕も上手に説明できればよかったんですけど。

改めて事務所を探す

石田:その後、半年くらいフリーのライブに出ていました。

――はい。

石田:それで、改めて事務所を探そうってなって。募集しているところを3社見つけたんで、そこに応募したんです。3社同じ日にポストに投函して。それで、最初のネタ見せが今の浅井企画で。

――なるほど。

石田:そしたらそこで、マネージャーさんに「他の事務所に行ってんの?」って言われたんです。「あれ? 欲しがってるぞ?」って思って。

――なんと言っても経験者ですからね。

石田:「いえ、浅井企画に入りたいと思ってます!」って言って(笑)。

――他に2社、応募してるのに(笑)。

石田:それでライブにも出させてもらえるようになって、そのまま浅井企画に、って感じです。

安田:ネタ見せの日程が違ったら、どうなったかわからなかったですね~。

――いろいろありましたが、無事、浅井企画に辿り着きました。


その経歴はあまりに語るべきことが多く、前編では事務所に所属するところまでがやっと! しかし、その経験が、漫才や歌ネタに説得力を持たせているのだと確信しました。ドドんのコーヒーブレイク・インタビュー、後編へ続く!(2月14日更新予定)


【お知らせ】
ドドんが参加するバンド『THE 南無ズ』が、2月8日(土)にワンマンライブを行います。
昼公演『おためし南無ズ 歌とトークの60分~ロウソクが溶けるほど法事したい~』
開場:12:30/開演:13:00
夜公演『THE 南無ズ 3rdワンマンライブ~ロマンスの仏様 この僧侶でしょうか~』
開場:17:00/開演:18:00
場所:四谷アウトブレイク
詳細はこちら。要チェックお願いします!