お坊さんとバンドマンが出会った奇跡【ドドん(前編)】

漫才・歌ネタ・バンドと幅広く活動する『ドドん』。なんと、お坊さんと元バンドマンという異色の経歴の持ち主。そんな2人がなぜコンビを組むことになったのか? ドドんに……、コーヒーブレイク・インタビュー!


ドドん
石田 芳道(いしだ ほうどう) 名前 安田 義孝(やすだ よしたか)
1985年7月21日 生年月日 1981年11月27日
A型 血液型 O型
愛媛県 松山市 出身地 千葉県 船橋市
身長 163cm・体重 65kg/B 94cm・W 85cm・H 89cm/足のサイズ 27.5cm サイズ 身長 176cm・体重 64kg/B 77cm・W 76cm・H 84cm/足のサイズ 26cm
曹洞宗住職免許、でんぱ組.inc検定、普通自動車免許 資格 普通自動車免許、普通自動二輪免許
プロレス、でんぱ.組.inc、四国八十八カ所遍路 趣味 Mr.Children、GLAY
読経、書道(八段)、水泳、マニアックお坊さんモノマネ 特技 高速ハリガネ抜き、足ギター、料理、ギター、ベース、ドラム
【略歴】2009年4月コンビ結成。2010年9月から浅井企画に所属。
漫才や歌ネタなど、唯一無二の“お坊さんネタ”は必見。石田は正式な免許を持つ、芸人界初の本物のお坊さん。「でんぱ組.inc」と「プロレス」がとにかく大好き。 四ツ谷・坊主BARにて勤務中。安田は葬儀屋に現在勤務中。
お坊さん×葬儀屋コンビ! 現在は”仏教×笑い×音楽”がテーマの仏教エンターテイメント集団「南無ズ」の一員として活動中。安田は作詞、作曲も歌唱も得意。南無ズのメインボーカル。ギターの腕前は芸人界随一の腕前。「やついフェス」にもアーティストとして参加!
(出典:浅井企画 公式HP

お坊さんになるか芸人になるか

――なぜお坊さんがお笑い芸人に?

石田:実家がお寺で。僕、長男なんですけど……。もともとはお笑いやりたかったんです。

――はい。

石田:でも、親はお寺を継いで欲しいという思いがあって。話し合った結果、大学に行くことになるんです。

――仏教を勉強する大学ですか?

石田:いえ、普通の大学です。お坊さんになるには、一定期間の修行をしなくてはいけないんですが……。実は、最終学歴で修行の期間が変わるんです。高卒だと最低3年はかかるんですけど、大卒だと最短は半年で修行を終えることができるんです。

――そうなんですね。

石田:だから、のちのちお笑いの道を諦めて、40歳50歳でお坊さんになったとしても、大学は卒業しておいた方がいいと。

――なるほど。

石田:それで、地元の愛媛の大学に通うことになるんです。

大学お笑いで全国優勝

――大学生になりました。

石田:はい。それで、大学で落研に入ります。

――落研では、コンビで活動していたんですか?

石田:コンビもピンもやってました。

――コンビ名は?

石田:『マレーシアン』っていうのと、『レベルみかん』っていうのと。

安田:あれは? 豚骨ラーメン……。

石田:『豚骨ラーメンズ』っていうのもやってて。ラーメンズさんが好きな先輩と(笑)。

――(笑)

石田:黒い服着て、ラーメンズさんを意識したコントを。ちょっと僕には難しかったです(笑)。

――ピンでは?

石田:『いしだとうふ』って名前で。それで、4年生のときに大学お笑いの大会で、全国優勝したんですよ。

――全国優勝!

石田:大学お笑いが今ほど盛り上がってる時代ではなかったんで、参加人数は少なかったんですけど。で、その中でも『コント部門』っていう、さらに人数が少ない部門で。

――その大会はどのように行われたんですか?

石田:西日本、東日本それぞれで予選が開催されるんです。それで、愛媛から「行かなきゃ!」ってんで西日本予選の大阪に行って。

――遠征したんですね。

石田:で、予選に行ったらほぼ大阪の大学しかいなくて。大阪以外から行ったの、僕らだけだったんです。

――(笑)

石田:そこで勝ち上がりまして。

安田:でも表彰式出られなかったんだよね。

石田:愛媛にフェリーで帰らなきゃいけなかったんです。「あいつはナニモノだったんだ?」って。伝説になりました(笑)。

――その後、西日本と東日本の代表で決勝が行われるんですね。

石田:はい。東京で決勝大会が行われて、コント部門で優勝しました!

そしてお坊さんの修行へ

――そして大学を卒業します。

石田:はい。卒業した次の日にお坊さんの修行に行きます。

――え! 全国優勝したのに。しかも次の日に。

石田:親に説得されて(笑)。

――すみません。安田さんが全然出てこない展開になってきましたが……。

安田:大丈夫です(笑)。

――お坊さんの修行はどんなところに行くんですか?

石田:愛媛県内に、西日本で一番厳しいと言われる修行寺がありまして。そこにウチの家系はずっと行ってるので、そこに。

――厳しいのは、ツラいですね。

石田:お坊さんの世界では「どこの修行寺出身ですか?」って会話があるんですよ。

――最終学歴みたいな。

石田:はい。そこで、厳しい修行寺を言えた方がいいんです。箔がつくんで。本山はもっといいんですけどね。

――なるほど。

石田:で、修行は春と秋ににしか出たり入ったりできないんですけど……。その年の秋に修業を終えます。

――前半で仰っていた、最短の半年ですね。

石田:最短狙ってたんで(笑)。親もそれで許してくれました。

――猫かぶってやってたんですね(笑)。

石田:いやいや(笑)。勤勉にやってましたよ!

やっとの思いで上京

――修行も無事終えました。

石田:はい。それで、お笑いの養成所は春からかなって思って。半年間、地元のお笑いライブとか出てました。老人ホームでネタやったり。そして春になって、上京します。

――親御さんはなんて?

石田:快諾してくれました。実は親父も目立ちたがりで、イベントや結婚式の司会もやってたりしてる人で。母親も「お父さんの子ね~」って。

――そうなんですね。

石田:あと、親父も大学は東京で、その楽しさを知ってるんです。「母さんがいなかったら、俺もホントは東京にいたかった」って(笑)。

――ひどい(笑)。でも、ある意味では親父さんの夢の続きを、ということもあるんですね。

石田:そうかもしれないですね。あまり多くは語らないですけど。

――石田さん自身、お坊さんになるのはイヤだったんですか?

石田:イヤじゃなかったんですけど、お笑い芸人になりたいっていう意思の方が強かったっていう……。挑戦せずにはお坊さんは継げませんって感じですかね。

――なるほど。

石田:それで、ウッチャンナンチャンさんが好きだったんで、マセキ芸能社が主催している『マセキタレントゼミナール』に入学します。

――東京に出てきました。

石田:そこに安田さんがいたんです。

――やっと出てきました!

安田:はい(笑)。

安田さんは元バンドマン

――安田さんはもともとバンドをやっていたんですよね? いつ頃からやられていたんですか?

安田:大学受験が終わってヒマになったときに、友達にギターを教えてもらったんです。それで、ギターが楽しくなっちゃって。その友達とバンド組んで……。そこからですね。

――メンバーは高校の同級生?

安田:はい。のちのち入れ替わりはありますけど。

――受験が終わったということですが、大学には行ったんですか?

安田:はい。千葉の大学に。で、大学通いながらバンドもやってて。

――そして、就職の時期になります。

安田:就職も考えたんですけど、バンドの方が楽しくて。で、そのバンドもライブハウスの店長さんに気に入られたりして。「CD出さないか?」って言われたりもしてたんで。大学卒業してそのままバンドの道へ。

――バンド名は?

安田:『ブレンドソース』です(笑)。

石田:(笑)

――パートは?

安田:ずっとギターです。

――事務所に所属などはしたんですか?

安田:いえ。全部自分たちで。でも、ツアーとかやってましたね。北は青森、南は神戸くらいまで。

――順調に感じますが……、どこかで辞めることになるんですよね。

安田:はい。メンバーに女性がいたんですけど。バンド内恋愛が(笑)。

――え!

安田:僕は当事者じゃないんですけど、それが原因で楽しくなくなってきちゃって……。それを知ったのも僕が最後だし(笑)。

――(笑)

安田:あと、僕自身ギターで伸び悩んでいたってのもあって。

石田:プロになってくると、我々の知らない壁があるんでしょうね。

安田:「あそこズレてるから」って言われても、どこがズレてるかわからない(笑)。

――周りのギタリストに比べて、安田さんのギターの腕前はどうだったんですか?

安田:そんなにうまくなかったと思います。何もわからず突っ走ってただけなんすよ。

――年齢的にもそういう時期なんだと思います。

安田:今の方がうまくできますね。それに、今ってネットで調べたら『どうしたらこういう音が出る』ってわかるんで。その当時はまったくわからなくて。自分で見つけるしかないんです。

――なるほど。

安田:「ギター向いてないのかな~?」って思い始めちゃって。それで抜けることにしたんです。で、僕が抜けたら解散になっちゃったんですよ。ブレンドソース。

――どのくらいやられていたんですか?

安田:24歳くらいまで。高校の終わりから始めたんで6年くらいですかね。

バンドをやめてお笑いの道へ

――そこからお笑いの道へ?

安田:ちっちゃい頃からお笑いは好きで、よく見てたんです。『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』とか、『ダウンタウンのごっつええ感じ』とか。

――小学生の頃でしょうか。

安田:友達と真似したりしてて。「いずれ芸人になるんだろうな」って思いながら生活してるくらいの。

――なるほど。

安田:でも、高校のときにバンド組んじゃったんで、そっちにバーッと行っちゃっただけで。

――ある意味、発散はされていますからね。

安田:それで、バンド解散したときに就職も考えたんですけど、お笑いの世界に1回飛び込みたいなと思って……。

――大学から就職を選ばずにバンドやって、それがなくなって……。焦りますよね。

安田:それがなんの焦りもなかったんです(笑)。

石田:まさかの?(笑)

安田:今にして思えば、そこがキーポイントでしたね。

――焦っていたら、お笑いを始めなかったということですね。